特定疾病療養受療証

給付内容と手続き特定疾病療養受療証

特定の病気(特定疾病)で長期治療を要するとき

厚生労働大臣が指定する特定疾病(人工透析の治療を受けている慢性腎不全、血友病、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群)に限って、申請に基づいて東食国保が発行する「国民健康保険特定疾病療養受療証」を保険証と一緒に医療機関等の窓口に提出すると、一部負担金が1カ月、1万円で済み、世帯合算の対象となります。ただし、70歳未満の人工透析の治療を受けている慢性腎不全の方で世帯に属する全被保険者の旧ただし書所得の合計額が600万円を超える方は、一部負担金が2万円となります。なお、医療証・医療証をお持ちの方は、一部負担金の一定額が公費で助成されます。

以上の各種申請はすべて組合員名義(葬祭費については申請人名義)の口座への振込みとなりますので、お手数でも金融機関名・名義人・口座番号をご用意の上、申請してください。なお、給付を受ける権利の時効は2年間(国保法第110条)です。